銀座カラーとキレイモの効果を比較してみました。

脱毛サロンで有名な「銀座カラー」と「キレイモ」。両サロンとも魅力が多いので、どちらに通うべきか迷っている人も多いと思います。実際、どちらのサロンの脱毛効果が高いのか気になりますよね。

 

結論から言うと、銀座カラーとキレイモの両サロンとも、全身脱毛が完了するまでの期間が同じなので、どっちが早い、どっちの方が効果が高いということはなさそうです。一般的に自己処理の数が減り出すと言われているのは施術開始から8ヶ月を過ぎてから、ムダ毛がなくなってツルツルの状態になるまでに2年8ヶ月?3年ほどの期間がかかるといわれています。もちろん、脱毛の効果が出るまで個人差があるので、明確な結論を出すことはできませんが、どっちのサロンの効果が格段に高いということはないので、別の面で比較して自分に合ったサロンを選ぶといいでしょう。

 

脱毛サロンを選ぶときに重視すべきは、やはり料金です。できるなら、安い料金で全身脱毛をしたいですよね。ただし、料金体系はサロンごとに異なるので、事前によくチェックしておく必要があります。よく調べもせずに契約してしまうと、あとでトラブルに発展しかねないので注意しなければなりません。銀座カラーとキレイモの全身脱毛の料金を比較した場合、銀座カラーの月額料金は6,500円なのに対し、キレイモは9,500円です。ただ、キャンペーンを併用すると総額が違ってくるので、どちらの全身脱毛がお得かという点は、キャンペーンの有無や割引率などによって異なります。
次に脱毛できる範囲を比較してみましょう。銀座カラーの全身脱毛は施術箇所が24箇所なのに対して、キレイモの脱毛箇所は33箇所もあるので、一見するとキレイモの方がお得な感じがします。ただ、施術箇所を比較するときは、単純に数字だけで比べてはいけません。それぞれのサロンごとに部位の数え方が異なるので、数が違っても実際の施術部位は同じであることが多々あります。キレイモは顔の脱毛範囲を頬や顎下など細かく分けて数えていますが、銀座カラーは顔と鼻下の2箇所にしか分けていないため、数が少なくても結果的には同じ部位を脱毛することになります。結論をいえば、脱毛できる範囲はどちらも同じということになります。
ただ銀座カラーの場合、顔脱毛をしたくない場合は顔脱毛なしの全身脱毛コースを選ぶことができるので、顔脱毛が特に必要ない人や興味のない人は銀座カラーの全身脱毛コースを選ぶといいでしょう。

 

1回の施術時間はどちらも90分ですが、銀座カラーでは美肌ケアが受けられる30分のオプションが含まれています。このオプションを省けば、施術時間を60分に短縮できます。一方、キレイモは照射前に冷却ジェルを使用しないため、冷却ジェルが苦手な人ならキレイモの方が脱毛しやすくなります。施術時間は同じでも、内容に若干の違いがあるので、自分に合う方を選びましょう。
脱毛サロンを選ぶときに重視したいのは、予約の取りやすさです。いくら料金が安くて施術内容が良かったとしても、実際に施術を受けることができなければ意味がありません。予約の取りやすさは店舗によって異なるので、一概にどうと言うことはできませんが、両サロンとも「予約が取りにくい」という口コミはあまりないので、この点でも差はないといえそうです。どちらのサロンも駅近の店舗が多いためアクセスが良く、24時間オンラインで予約申し込みができるので、便利さの点でも差がありません。また、両サロンとも1回の施術で全身施術ができるので、通う頻度は2ヶ月間隔で済ますことができます。
長く脱毛サロンに通い続けていると、予約した日に急に予定が入ったり体調が悪くなったりして、サロンに行けなくなったということもあると思います。予約のキャンセル方法はサロンによって異なるので、事前によく確認しておかなければなりません。銀座カラーの脱毛し放題コースの場合、予約した時間に20分以上遅刻してしまうと当日キャンセル扱いとなり、2,000円のキャンセル料金を支払う必要があります。回数制コースの場合は、1回分の消化扱いとなります。キレイモの月額制プランと回数パックプランだと、予約時間を過ぎてからのキャンセルは1回分消化扱いとなりますが、永久保証付きプランの場合はキャンセル料が一切かかりません。同じサロンでも、キャンセル料金はコースによって異なってくるので、事前によく確認しておきましょう。

 

様々な点を比較してみると、銀座カラーとキレイモでは効果が出るまでの期間や施術範囲にほとんど差がないことがわかります。あとは店舗の立地場所などを確認して、自分が通いやすい脱毛サロンを選ぶといいでしょう。両サロンとも定期的にキャンペーンを行なっているので、こまめにホームページなどをチェックしてみましょう。キャンペーンをうまく活用すれば、全身脱毛の料金を安く抑えることができます。